文末に使う「である」「のである」「のだ」は、評論や論文などに多用される表現で、通常は強い断定を表します。

「家を建てるときは、基礎工事が重要である」

「わかっていても、つい使ってしまうのである」

「準備を怠ると失敗するものだ」

などがその例です。

Samantha Thavasa Petit Choice ウールチェック ショルダー バッグ 2018AW グレー サイズ:- (新潟紫竹山店) 18

では、どうすればいいのでしょう。

ショルダーバッグ トートバッグ レディース ビジネスバッグ 大容量 ハンドバッグ A4 ショルダー 肩掛け 軽量 オックスフォード 帆布

Mack Trucks Black & Grey Silk Screened Bulldog Logo Snapback Cotton Twill HUS直輸入
私は突然、思い出すことがあるのである。しかも、細部まで鮮明に蘇るのだ。

〔改善後〕
私は突然、思い出すことがある。しかも、細部まで鮮明に蘇る。

どうですか。すっきりし、さらに文章が強まっているように感じませんか。つい、「である」を多く使ってしまう場合は、単純に取り去ってしまえばいいのです。

 

*当工房で制作した『読まれるための文章読本』から抜粋しています。

本はT-BLUER Compatible for Suunto Core ケースバンド,Suunto Core Smart Watch用シリコン交換ストラ_並行輸入品

 

 

Gucci - Precious(プレシャス)3月号 GUCCI×ドラえもんコラボ特製便箋3点


【正規店】 マキタ makita 100mm ディスクグラインダ 2GA4032 (低速型・高トルクタイプ)