文末に使う「である」「のである」「のだ」は、評論や論文などに多用される表現で、通常は強い断定を表します。

「家を建てるときは、基礎工事が重要である」

「わかっていても、つい使ってしまうのである」

「準備を怠ると失敗するものだ」

などがその例です。

TRUSCO/トラスコ中山 【代引不可】軽量ボルトレス棚TSUG型 連結タイプ 900×490×H1800 TSUG100-63S-5B-HBK

では、どうすればいいのでしょう。

Creativegifts Handmade Earthenware / Clay Tea cup Kulhad Set of 5

キャロウェイ エピック フェアウェイウッド MAX FAST EPIC MAX FAST 5W レディース フレックスL 中古 Bランク
私は突然、思い出すことがあるのである。しかも、細部まで鮮明に蘇るのだ。

〔改善後〕
私は突然、思い出すことがある。しかも、細部まで鮮明に蘇る。

どうですか。すっきりし、さらに文章が強まっているように感じませんか。つい、「である」を多く使ってしまう場合は、単純に取り去ってしまえばいいのです。

 

*当工房で制作した『読まれるための文章読本』から抜粋しています。

本はワンピース レディース 春秋 ロングワンピース フォーマルドレス フォーマルワンピース キレイめ 大きいサイズ ドレス通勤結婚式 30代 40代 50代

 

 

FRAY I.D - CASA FLINE チュニックワンピース


限定価格Dragon Opus ラウンドサングラス US サイズ: 51 mm