文末に使う「である」「のである」「のだ」は、評論や論文などに多用される表現で、通常は強い断定を表します。

「家を建てるときは、基礎工事が重要である」

「わかっていても、つい使ってしまうのである」

「準備を怠ると失敗するものだ」

などがその例です。

ラインドレープ 縦型ブラインド 遮光 LD-6401〜6428 ピアット レールジョイント コード100 幅240x高さ400cmまで

では、どうすればいいのでしょう。

豪華寝台列車 ななつ星 に採用された素材と同じ ウッドスクリーン YO-01 YO-02 YO-04 YO-05 YO-07 YO-08 幅60X高さ200cmまで

P-5077KPS2 三菱電機 MITSUBISHI レンジフードファン デルタキャッチ形用システム部材 上幕板 送料無料
私は突然、思い出すことがあるのである。しかも、細部まで鮮明に蘇るのだ。

〔改善後〕
私は突然、思い出すことがある。しかも、細部まで鮮明に蘇る。

どうですか。すっきりし、さらに文章が強まっているように感じませんか。つい、「である」を多く使ってしまう場合は、単純に取り去ってしまえばいいのです。

 

*当工房で制作した『読まれるための文章読本』から抜粋しています。

本はFENDI(フェンディ)正規品/関税送料込み logo カード財布

 

 

最終値下げ 調理包丁3点


★BRUNELLO CUCINELLI★シャイニーループ リネン カバーシャツ