文末に使う「である」「のである」「のだ」は、評論や論文などに多用される表現で、通常は強い断定を表します。

「家を建てるときは、基礎工事が重要である」

「わかっていても、つい使ってしまうのである」

「準備を怠ると失敗するものだ」

などがその例です。

ニンテンドー3DS - 任天堂3DSLLワンピース チョッパー バージョン

では、どうすればいいのでしょう。

大幅お値下げ☆スーパーウェーブ ハイブリッド 美品

yukachan様の専用ページです。
私は突然、思い出すことがあるのである。しかも、細部まで鮮明に蘇るのだ。

〔改善後〕
私は突然、思い出すことがある。しかも、細部まで鮮明に蘇る。

どうですか。すっきりし、さらに文章が強まっているように感じませんか。つい、「である」を多く使ってしまう場合は、単純に取り去ってしまえばいいのです。

 

*当工房で制作した『読まれるための文章読本』から抜粋しています。

本はセール SALE ノースフェイス THE NORTH FACE シャトル レース ウォータープルーフ SHUTTLE LACE WP スニーカー 靴 NF52242 メンズ レディース

 

 

asics - アシックス 軟式 バット レガートゼロ 84センチ 空気入れ付き


10個セット 刺身 火襷刺身鉢 [ 14.8 x 13.2 x 4.5cm ] 【 料亭 旅館 和食器 飲食店 業務用 】