文末に使う「である」「のである」「のだ」は、評論や論文などに多用される表現で、通常は強い断定を表します。

「家を建てるときは、基礎工事が重要である」

「わかっていても、つい使ってしまうのである」

「準備を怠ると失敗するものだ」

などがその例です。

東京精密 輪郭用触針 汎用測定用 ▼773-6100 DM45505 1本

では、どうすればいいのでしょう。

LG 27IN 3840X2160 IPS 8MP Clinical Review Monitor 並行輸入品

鯉のぼり 金箔翔龍吹流し ナイロン 単品吹流し5m 村上こいのぼり
私は突然、思い出すことがあるのである。しかも、細部まで鮮明に蘇るのだ。

〔改善後〕
私は突然、思い出すことがある。しかも、細部まで鮮明に蘇る。

どうですか。すっきりし、さらに文章が強まっているように感じませんか。つい、「である」を多く使ってしまう場合は、単純に取り去ってしまえばいいのです。

 

*当工房で制作した『読まれるための文章読本』から抜粋しています。

本はboohoo◆ミッキー00 プリント Tシャツ

 

 

SONY - FE70-200 2.8 GM2【新同品】


ペアボックス付き 電波ソーラー ペア ウォッチ 国内正規品 CITIZEN シチズン Q&Q キューアンドキュー 腕時計 メンズ レディース 耐水性 軽さ 普段使い