文末に使う「である」「のである」「のだ」は、評論や論文などに多用される表現で、通常は強い断定を表します。

「家を建てるときは、基礎工事が重要である」

「わかっていても、つい使ってしまうのである」

「準備を怠ると失敗するものだ」

などがその例です。

(まとめ) キングコーポレーション カラークラフト封筒 長4 70g/m2 〒枠あり ミズ N4C70M 1パック(100枚) 〔×10セット〕

では、どうすればいいのでしょう。

東芝 LEKD203715W-LS9 LEDユニット交換形ダウンライト 傾斜天井用 高効率 広角 白色 非調光 φ150

日立ツール エポックSUSマルチEPSMLS4050−PN (1本) 品番:EPSMLS4050-PN
私は突然、思い出すことがあるのである。しかも、細部まで鮮明に蘇るのだ。

〔改善後〕
私は突然、思い出すことがある。しかも、細部まで鮮明に蘇る。

どうですか。すっきりし、さらに文章が強まっているように感じませんか。つい、「である」を多く使ってしまう場合は、単純に取り去ってしまえばいいのです。

 

*当工房で制作した『読まれるための文章読本』から抜粋しています。

本はMONCLER2021春夏新作異素材MIXダウン入りハイネックカーディガン

 

 

coco様


☆人気☆Brunello cucinelli Reversible cashmere ベスト