文末に使う「である」「のである」「のだ」は、評論や論文などに多用される表現で、通常は強い断定を表します。

「家を建てるときは、基礎工事が重要である」

「わかっていても、つい使ってしまうのである」

「準備を怠ると失敗するものだ」

などがその例です。

Oneida 2272STBF Marquette S/S Tablespoon/Serving Spoon, 8-3/8-2272STBF by O並行輸入品

では、どうすればいいのでしょう。

XWG462DGN LE9 パナソニック 防湿 防雨 型 40形 高出力型器具相当 Dスタイル 法人様限定販売

エスコ/ESCO 90×55mm/#120 ダイヤモンドハンドラップス(フレキシブル) EA522GE-12
私は突然、思い出すことがあるのである。しかも、細部まで鮮明に蘇るのだ。

〔改善後〕
私は突然、思い出すことがある。しかも、細部まで鮮明に蘇る。

どうですか。すっきりし、さらに文章が強まっているように感じませんか。つい、「である」を多く使ってしまう場合は、単純に取り去ってしまえばいいのです。

 

*当工房で制作した『読まれるための文章読本』から抜粋しています。

本は全国送料無料 Erギアエルギア 17インチ〜32インチ デュアルモニターデスクマウントスタンドキット フル

 

 

CHANEL - CHANEL三つ折り財布


マイン キレキュートベルト#80 C8-KQ-80