文末に使う「である」「のである」「のだ」は、評論や論文などに多用される表現で、通常は強い断定を表します。

「家を建てるときは、基礎工事が重要である」

「わかっていても、つい使ってしまうのである」

「準備を怠ると失敗するものだ」

などがその例です。

花モチーフ ロングエプロン 撥水加工 紺 ネイビー レディース

では、どうすればいいのでしょう。

婚約指輪 エンゲージリング ダイヤモンド 0.3カラット プラチナ 鑑定書付 0.32ct Gカラー SI2クラス 3EXカット GIA 22053-1909 HKER*0.3

Garmin ガーミン vivoactive Black 心拍センサー付き GPS搭載 活動量計 ライフログウオッチ 010-01297-13 |直輸入品
私は突然、思い出すことがあるのである。しかも、細部まで鮮明に蘇るのだ。

〔改善後〕
私は突然、思い出すことがある。しかも、細部まで鮮明に蘇る。

どうですか。すっきりし、さらに文章が強まっているように感じませんか。つい、「である」を多く使ってしまう場合は、単純に取り去ってしまえばいいのです。

 

*当工房で制作した『読まれるための文章読本』から抜粋しています。

本は《シンプルながらも個性的♪》シャネル スニーカー

 

 

フローディア 業務用 モイストスリーク 2000ミリ シャンプー トリートメント


よしだ書道具店 花陶硯 プチ硯セット(硯・月うさぎ彩墨・仙人)