文末に使う「である」「のである」「のだ」は、評論や論文などに多用される表現で、通常は強い断定を表します。

「家を建てるときは、基礎工事が重要である」

「わかっていても、つい使ってしまうのである」

「準備を怠ると失敗するものだ」

などがその例です。

8?GB ( 4gbx2?)チーム高パフォーマンスメモリRamアップグレードfor Sony VAIO vpceb1z1e vpceb21fd vpc

では、どうすればいいのでしょう。

アングローバル ショップ ピンク 半袖 カットソー 38

ケイアイシー モバイルスクリーン100インチ(16:10) VMR-WX100 1台
私は突然、思い出すことがあるのである。しかも、細部まで鮮明に蘇るのだ。

〔改善後〕
私は突然、思い出すことがある。しかも、細部まで鮮明に蘇る。

どうですか。すっきりし、さらに文章が強まっているように感じませんか。つい、「である」を多く使ってしまう場合は、単純に取り去ってしまえばいいのです。

 

*当工房で制作した『読まれるための文章読本』から抜粋しています。

本は〔3個セット〕 和平フレイズ Marbrich(マーブリッチ) IH対応 両手鍋 20cm RB-1710

 

 

ツダジグ 3本セット


SWAGE LINE(スウェッジライン) リアブレーキホースKIT アルミ(ゴールド/ブラック) ブラックスモークホース ZEPHYR χ[ゼファー]