文末に使う「である」「のである」「のだ」は、評論や論文などに多用される表現で、通常は強い断定を表します。

「家を建てるときは、基礎工事が重要である」

「わかっていても、つい使ってしまうのである」

「準備を怠ると失敗するものだ」

などがその例です。

HHH チェーンフック0.75tロング(FHL0.75付)【品番:CFHL0.75L】

では、どうすればいいのでしょう。

19インチラックマウント1800Wパワーコンディショナー w/8アウトレット PylePro社

日本製 突っ張り 立体ラック 収納ラック ミラーラック 幅60cm ハイタイプ ダークブラウン リビング リビングおしゃれ シンプル 代引不可
私は突然、思い出すことがあるのである。しかも、細部まで鮮明に蘇るのだ。

〔改善後〕
私は突然、思い出すことがある。しかも、細部まで鮮明に蘇る。

どうですか。すっきりし、さらに文章が強まっているように感じませんか。つい、「である」を多く使ってしまう場合は、単純に取り去ってしまえばいいのです。

 

*当工房で制作した『読まれるための文章読本』から抜粋しています。

本は建設機械用ゴムクローラー|コベルコ SK30UR-5|300×52.5×82|JM0062N

 

 

NARS - ウォンテッドアイシャドウパレット


オーデリック ポーチライト OG041607LC1