文末に使う「である」「のである」「のだ」は、評論や論文などに多用される表現で、通常は強い断定を表します。

「家を建てるときは、基礎工事が重要である」

「わかっていても、つい使ってしまうのである」

「準備を怠ると失敗するものだ」

などがその例です。

特別価格TIMEX (タイメックス) レディース アイアンマンスリーク30 樹脂ストラップ腕時計 ブルー好評販売中

では、どうすればいいのでしょう。

Alphacool Eisbaer Aurora 360 CPU - デジタル RGB[並輸51]

プリーツスクリーン もなみ 25mm ニチベイ アルデ 遮光 M8145〜M8149 ツインスタイル(コードレスタイプ) 幅160.5〜200cm×高さ181〜200cmまで
私は突然、思い出すことがあるのである。しかも、細部まで鮮明に蘇るのだ。

〔改善後〕
私は突然、思い出すことがある。しかも、細部まで鮮明に蘇る。

どうですか。すっきりし、さらに文章が強まっているように感じませんか。つい、「である」を多く使ってしまう場合は、単純に取り去ってしまえばいいのです。

 

*当工房で制作した『読まれるための文章読本』から抜粋しています。

本はEMPORIO ARMANI クロノグラフ メンズウォッチ AR5857

 

 

SHOWA - CB400SF リアサスペンション SHOWA


包装紙 半才 ギンガム2 P 100枚入/1000枚入(K05-4901755240474-1S)