文末に使う「である」「のである」「のだ」は、評論や論文などに多用される表現で、通常は強い断定を表します。

「家を建てるときは、基礎工事が重要である」

「わかっていても、つい使ってしまうのである」

「準備を怠ると失敗するものだ」

などがその例です。

Kate Spade New York Meadow Parchment/Black 7 M

では、どうすればいいのでしょう。

Oki 45862839 Toner cyan, 7.3K pages並行輸入品

SKW Hi-Fiの2rca(オス) to 2rca(オス) ステレオ オーディオケーブル/赤白ケーブル/(赤R/白L) /CDプレーヤー/HDTV/
私は突然、思い出すことがあるのである。しかも、細部まで鮮明に蘇るのだ。

〔改善後〕
私は突然、思い出すことがある。しかも、細部まで鮮明に蘇る。

どうですか。すっきりし、さらに文章が強まっているように感じませんか。つい、「である」を多く使ってしまう場合は、単純に取り去ってしまえばいいのです。

 

*当工房で制作した『読まれるための文章読本』から抜粋しています。

本はワコーパレット ワコー エアーキャスター(自在車ストッパー付) 200mm ウレタン車 ASHG-200-GUDS 【305-2711】

 

 

CHANEL - シャネル アイシャドー


NEC 99270 - NP16LP プロジェクター電球