文末に使う「である」「のである」「のだ」は、評論や論文などに多用される表現で、通常は強い断定を表します。

「家を建てるときは、基礎工事が重要である」

「わかっていても、つい使ってしまうのである」

「準備を怠ると失敗するものだ」

などがその例です。

〔純正品〕 EPSON エプソン インクカートリッジ 〔ICY52 イエロー〕送料込み

では、どうすればいいのでしょう。

東リ フフル オーダーカーテン&シェード SUN SHADE 遮光(遮音) TKF20639・20640 スタンダード縫製(ST) 約2倍ヒダ 幅242×丈180cmまで

ESLITE LIFE フライパンセット 蓋付き ノンスティック誘導スキレットセット 卵オムレツメーカーパン 花崗岩コーティングと木製スパチュラ 7ピ
私は突然、思い出すことがあるのである。しかも、細部まで鮮明に蘇るのだ。

〔改善後〕
私は突然、思い出すことがある。しかも、細部まで鮮明に蘇る。

どうですか。すっきりし、さらに文章が強まっているように感じませんか。つい、「である」を多く使ってしまう場合は、単純に取り去ってしまえばいいのです。

 

*当工房で制作した『読まれるための文章読本』から抜粋しています。

本は【LOEWE】ロエベ*アナグラム 二つ折り 財布◇ハーバリウム

 

 

TWICE Celebrate チェヨン トレカ シリアル


Razer Basilisk V2 有線USBゲーミングマウス 光学式マウススイッチ付き フォーカス+ 20K光学センサー プログラム可能なボタン11個 スピードフレックスケーブル