文末に使う「である」「のである」「のだ」は、評論や論文などに多用される表現で、通常は強い断定を表します。

「家を建てるときは、基礎工事が重要である」

「わかっていても、つい使ってしまうのである」

「準備を怠ると失敗するものだ」

などがその例です。

【後付け】手動シャッター オーダーサイズ MW753〜1223×MH1418〜1753mm 雨戸シャッター(戸袋のこし) ボックス下げ片入隅(戸袋側) 専用下地部材 YKKap DIY

では、どうすればいいのでしょう。

指輪 レディース 一粒 ピンクトルマリン リング 18金 リング

マインクラフト 鉱石コレクション DJY39【並行輸入品】
私は突然、思い出すことがあるのである。しかも、細部まで鮮明に蘇るのだ。

〔改善後〕
私は突然、思い出すことがある。しかも、細部まで鮮明に蘇る。

どうですか。すっきりし、さらに文章が強まっているように感じませんか。つい、「である」を多く使ってしまう場合は、単純に取り去ってしまえばいいのです。

 

*当工房で制作した『読まれるための文章読本』から抜粋しています。

本は注目コラボ グッチxバレンシアガ チャームブレスレット 直営店

 

 

Balenciaga - バレンシアガ トートバッグ


住友 業務用 抗菌プラスチックまな板 950x800x15mm厚