文末に使う「である」「のである」「のだ」は、評論や論文などに多用される表現で、通常は強い断定を表します。

「家を建てるときは、基礎工事が重要である」

「わかっていても、つい使ってしまうのである」

「準備を怠ると失敗するものだ」

などがその例です。

MPC 1 25 ダッジ・モナコ 1978 CHPポリスカ プラモデル MPC922並行輸入品

では、どうすればいいのでしょう。

ラグ ラグマット ウール 平織ラグ 190×190cm TOR3842-Q TOR3843-Q 東リ

アリーナ 共用 器材 ゴーグル ミラースイミングゴーグル Triathlon Cobra Tri Swipe
私は突然、思い出すことがあるのである。しかも、細部まで鮮明に蘇るのだ。

〔改善後〕
私は突然、思い出すことがある。しかも、細部まで鮮明に蘇る。

どうですか。すっきりし、さらに文章が強まっているように感じませんか。つい、「である」を多く使ってしまう場合は、単純に取り去ってしまえばいいのです。

 

*当工房で制作した『読まれるための文章読本』から抜粋しています。

本は【最終値下げ】Moschino クロスボディバッグ

 

 

Hender Scheme - [y様専用] HenderScheme fabric fabre サイズ5


MISTERCHILD ★WRINKLE PADDING★