文末に使う「である」「のである」「のだ」は、評論や論文などに多用される表現で、通常は強い断定を表します。

「家を建てるときは、基礎工事が重要である」

「わかっていても、つい使ってしまうのである」

「準備を怠ると失敗するものだ」

などがその例です。

ダイニングテーブル/リビングテーブル 〔長方形 ダークブラウン 幅135cm〕 木製 脚付き ハイグロス天板 〔リビング 在宅ワーク〕〔代引不可〕

では、どうすればいいのでしょう。

<新品>GJZM Zero Gravity Patio Oversize Lounger Chair, Folding Sun Loungers Outdoors Beach Recliner Armchair with Cushions (Color : Bla

ラクダ SDS-max プラスブル 18×365mm 6本
私は突然、思い出すことがあるのである。しかも、細部まで鮮明に蘇るのだ。

〔改善後〕
私は突然、思い出すことがある。しかも、細部まで鮮明に蘇る。

どうですか。すっきりし、さらに文章が強まっているように感じませんか。つい、「である」を多く使ってしまう場合は、単純に取り去ってしまえばいいのです。

 

*当工房で制作した『読まれるための文章読本』から抜粋しています。

本はds-2433858 積水樹脂 PPバンド 15×2500R 黄色 15RX-Y 1巻 (ds2433858)

 

 

kate spade new york - 【美品】ケイトスペード 限定 バイカラーバッグ


レゴーB(01) TB-707-0 高田ベッド ボックス型 ベンチ 待ち合い 待合