文末に使う「である」「のである」「のだ」は、評論や論文などに多用される表現で、通常は強い断定を表します。

「家を建てるときは、基礎工事が重要である」

「わかっていても、つい使ってしまうのである」

「準備を怠ると失敗するものだ」

などがその例です。

3倍速対応片面4.7GB DVD-RAM プリンタブル10枚パック LM-AF120LH

では、どうすればいいのでしょう。

mita インクジェット ロール紙 厚手 マットコート紙 幅914mm (A0ノビ) × 長さ30m 厚0.185mm 2本入

アドテック ADS2400N-16G DDR4-2400 260pin SO-DIMM 16GB×1枚
私は突然、思い出すことがあるのである。しかも、細部まで鮮明に蘇るのだ。

〔改善後〕
私は突然、思い出すことがある。しかも、細部まで鮮明に蘇る。

どうですか。すっきりし、さらに文章が強まっているように感じませんか。つい、「である」を多く使ってしまう場合は、単純に取り去ってしまえばいいのです。

 

*当工房で制作した『読まれるための文章読本』から抜粋しています。

本はNIKE Air Jordan 1 Retro High OG "Nigel Sylvester" FW 18

 

 

gelato pique - ジェラートピケ★ブランケット


★22SS NIKE ドライフィット Swoosh Basketball Shorts★