文末に使う「である」「のである」「のだ」は、評論や論文などに多用される表現で、通常は強い断定を表します。

「家を建てるときは、基礎工事が重要である」

「わかっていても、つい使ってしまうのである」

「準備を怠ると失敗するものだ」

などがその例です。

【在庫目安:あり】 NEC PC-VRT42FB8J31B VersaPro タイプVF (Core i5-1135G7/ 8GB/ HDD・500GB/ DVDスーパーマルチ/ Win10 Pro64/ Office …

では、どうすればいいのでしょう。

Garmin Quickfit 26 腕時計バンド 通気性のあるチタンブレスレット 並行輸入

マトファ バトーフラット抜型 7ヶ入セット 150225(8-1074-2501)
私は突然、思い出すことがあるのである。しかも、細部まで鮮明に蘇るのだ。

〔改善後〕
私は突然、思い出すことがある。しかも、細部まで鮮明に蘇る。

どうですか。すっきりし、さらに文章が強まっているように感じませんか。つい、「である」を多く使ってしまう場合は、単純に取り去ってしまえばいいのです。

 

*当工房で制作した『読まれるための文章読本』から抜粋しています。

本は★海外限定★ノースフェイス Pride Never Stop 関税込★

 

 

ワンピース 1番くじ スネイクマン フィギュア


三鈴 スチール製固定脚 KG型支持脚 幅600 呼寸高450【品番:KG-6045】