文末に使う「である」「のである」「のだ」は、評論や論文などに多用される表現で、通常は強い断定を表します。

「家を建てるときは、基礎工事が重要である」

「わかっていても、つい使ってしまうのである」

「準備を怠ると失敗するものだ」

などがその例です。

クリスタル切り花ハッピーバードスタチューお土産コレクタブルウェディングバースデーギフトバードポットリングスタンド飾り家の装飾-B

では、どうすればいいのでしょう。

ザノースフェイス 半袖 Tシャツ S/S クライムグラフィックティー レディース NTW82281 吸汗速乾 UVケア サンドトープ S

子供用 ブックシェルフ/本棚 (幅93.3cm ホワイト) 日本製 高耐久性 知育家具 EVAキッズシリーズ ほんだな (完成品)
私は突然、思い出すことがあるのである。しかも、細部まで鮮明に蘇るのだ。

〔改善後〕
私は突然、思い出すことがある。しかも、細部まで鮮明に蘇る。

どうですか。すっきりし、さらに文章が強まっているように感じませんか。つい、「である」を多く使ってしまう場合は、単純に取り去ってしまえばいいのです。

 

*当工房で制作した『読まれるための文章読本』から抜粋しています。

本は【Eytys】エイティーズ ロゴ入り フラット スニーカー 国内発送

 

 

クリスティアーノ・ロナウド 直筆サインカード 2018 panini prizm


Roger Vivier◆SLIDY VIV レザー&シアリングミュール ソール20mm