文末に使う「である」「のである」「のだ」は、評論や論文などに多用される表現で、通常は強い断定を表します。

「家を建てるときは、基礎工事が重要である」

「わかっていても、つい使ってしまうのである」

「準備を怠ると失敗するものだ」

などがその例です。

Qzc 壁取り付けボトルオープナー 高耐久 マットブラック ボトルオープナー スチールキャップキャッチャービン付き 最大75個のキャップを保持 - ス並行輸入品

では、どうすればいいのでしょう。

シマノ  夢屋 スーパーエアロ キススペシャル 2513スプール 【小型商品】

Fender / Made in Japan Hybrid II P Bass Rosewood Fingerboard 3-Color Sunburst フェンダー(S/NJD21005839)(渋谷店)(YRK)
私は突然、思い出すことがあるのである。しかも、細部まで鮮明に蘇るのだ。

〔改善後〕
私は突然、思い出すことがある。しかも、細部まで鮮明に蘇る。

どうですか。すっきりし、さらに文章が強まっているように感じませんか。つい、「である」を多く使ってしまう場合は、単純に取り去ってしまえばいいのです。

 

*当工房で制作した『読まれるための文章読本』から抜粋しています。

本は(まとめ)サクラクレパス 水性マーカー ラインマーカーOA2 蛍光グリーン VK-T#329 1セット(10本)〔×10セット〕[直送品]

 

 

H&M - フラワーワンピSサイズ 安室奈美恵コラボ


Audio-Technicaオーディオテクニカブームマイクスタンド(ネジ径3/8インチ、5/8インチ)AT8653B【AS】