文末に使う「である」「のである」「のだ」は、評論や論文などに多用される表現で、通常は強い断定を表します。

「家を建てるときは、基礎工事が重要である」

「わかっていても、つい使ってしまうのである」

「準備を怠ると失敗するものだ」

などがその例です。

アデリア 調味料入れ 160ml ソース差し 3個セット 日本製 NT-211

では、どうすればいいのでしょう。

中古 C CASIOカシオ EX-word 電子辞書 XD-K4800 170コンテンツ収録 高校生モデル 170コンテンツ収録

ルビー 甲丸 リング 一粒石 7月の誕生石 10金ホワイトゴールド
私は突然、思い出すことがあるのである。しかも、細部まで鮮明に蘇るのだ。

〔改善後〕
私は突然、思い出すことがある。しかも、細部まで鮮明に蘇る。

どうですか。すっきりし、さらに文章が強まっているように感じませんか。つい、「である」を多く使ってしまう場合は、単純に取り去ってしまえばいいのです。

 

*当工房で制作した『読まれるための文章読本』から抜粋しています。

本はCPU GPU 冷却ファン ASUS TUF Dash F15 FX516 FX516P Air RTX3070 12V 1A FNAQ 13NR07_平行輸入品

 

 

K18シトリン スクエア ヴィンテージ リング


【ポイント5倍】【直送品】 山金工業 ワークテーブル ワンタッチ移動タイプ SUPUH-1590-WW 【法人向け、個人宅配送不可】 【大型】