文末に使う「である」「のである」「のだ」は、評論や論文などに多用される表現で、通常は強い断定を表します。

「家を建てるときは、基礎工事が重要である」

「わかっていても、つい使ってしまうのである」

「準備を怠ると失敗するものだ」

などがその例です。

[エースジーン] 3wayビジネス EVL-3.0 A4対応 13.3インチPC収納 エキスパンダブル 59515 コーデュラバリスティックナイロン使

では、どうすればいいのでしょう。

サカイ × ナイキ ヴェイパー ワッフル ブラックアンドホワイト 23cm SACAI × NIKE VAPOR WAFFLE CV1363-001 安心の本物鑑定

ダイニングテーブル 引出し付 W135×D80×H73 ホワイト色 コモ
私は突然、思い出すことがあるのである。しかも、細部まで鮮明に蘇るのだ。

〔改善後〕
私は突然、思い出すことがある。しかも、細部まで鮮明に蘇る。

どうですか。すっきりし、さらに文章が強まっているように感じませんか。つい、「である」を多く使ってしまう場合は、単純に取り去ってしまえばいいのです。

 

*当工房で制作した『読まれるための文章読本』から抜粋しています。

本は2022SS新作★RV ストラス ペンダント ベルベット ミニバッグ

 

 

AQUA SCUTUM - Aquascutum カスタマイズライナー ゼブラフェイクファーbeige


タンガロイ 外径用TACバイト ▼350-1710 CCH32-30 1本 ●ma515