文末に使う「である」「のである」「のだ」は、評論や論文などに多用される表現で、通常は強い断定を表します。

「家を建てるときは、基礎工事が重要である」

「わかっていても、つい使ってしまうのである」

「準備を怠ると失敗するものだ」

などがその例です。

【まとめ買い10個セット品】 デリネット(ポリエステル)細目タイプ 50m巻 P3-16R【 肉類・下ごしらえ 】

では、どうすればいいのでしょう。

ダイヤモンド ネックレス K18 一粒 0.3ct 鑑定書付 0.322ct Eカラー VVS1クラス 3EXカット H&C CGL TOR0856-kp KDP*K

表札 戸建 ウッディ SLW-S1-528(黒) 丸三タカギ スマイル 激安表札
私は突然、思い出すことがあるのである。しかも、細部まで鮮明に蘇るのだ。

〔改善後〕
私は突然、思い出すことがある。しかも、細部まで鮮明に蘇る。

どうですか。すっきりし、さらに文章が強まっているように感じませんか。つい、「である」を多く使ってしまう場合は、単純に取り去ってしまえばいいのです。

 

*当工房で制作した『読まれるための文章読本』から抜粋しています。

本は本革 ラウンドファスナー 財布 コンパクト ミニ財布 レディース パイソン革 蛇革 ミニラウンド 日本製 おしゃれ ラベンダー 二つ折り財布 シュリンク 敬老の日

 

 

TOMORROWLAND - トゥモローランド トップス ブラウス 刺繍


グーリング 1017 M20.0X2.5 フルートレスタップ 並目 M20X2.5 【1本】