文末に使う「である」「のである」「のだ」は、評論や論文などに多用される表現で、通常は強い断定を表します。

「家を建てるときは、基礎工事が重要である」

「わかっていても、つい使ってしまうのである」

「準備を怠ると失敗するものだ」

などがその例です。

ボコテ 板(2627)885×146×17 無垢板 プレナー加工品 ■超激レア■ 棚板 仏壇 楽器 工芸品 DIY 他

では、どうすればいいのでしょう。

[新品]10 KホワイトゴールドChristian Fishテニスブレスレット0.05 CTダイヤモンド& 1.75 CTオーバルCreated Ruby、1

JBL Professional MTC-23UB-1-WH U-Bracket for Control 23-1 Background/Foregr
私は突然、思い出すことがあるのである。しかも、細部まで鮮明に蘇るのだ。

〔改善後〕
私は突然、思い出すことがある。しかも、細部まで鮮明に蘇る。

どうですか。すっきりし、さらに文章が強まっているように感じませんか。つい、「である」を多く使ってしまう場合は、単純に取り去ってしまえばいいのです。

 

*当工房で制作した『読まれるための文章読本』から抜粋しています。

本は□MCM□モノグラムプリント カードホルダー スリム

 

 

DGNPIL20#065 幻覇王石鯛LIGHT20H用マグネットブレーキ


アルミ YH75 切板 板厚 140.3mm  50mm×600mm