文末に使う「である」「のである」「のだ」は、評論や論文などに多用される表現で、通常は強い断定を表します。

「家を建てるときは、基礎工事が重要である」

「わかっていても、つい使ってしまうのである」

「準備を怠ると失敗するものだ」

などがその例です。

Presario cq42-123la 11.1V 73Wh hp ノート PC ノートパソコン 互換 交換用バッテリー

では、どうすればいいのでしょう。

ロスコ ROTHCO デラックスEMT緊急医療技術者救急パンツ 46 ブラック

マウンテンパーカー 男女兼用 ウィンドブレーカー ジャケ ットブルゾン 秋冬 おしゃれ 登山 ブルゾン 登山服 ウ ォーキングハイキング
私は突然、思い出すことがあるのである。しかも、細部まで鮮明に蘇るのだ。

〔改善後〕
私は突然、思い出すことがある。しかも、細部まで鮮明に蘇る。

どうですか。すっきりし、さらに文章が強まっているように感じませんか。つい、「である」を多く使ってしまう場合は、単純に取り去ってしまえばいいのです。

 

*当工房で制作した『読まれるための文章読本』から抜粋しています。

本はBOTTEGA VENETA ホワイトコットン フロントボタン留め長袖シャツ

 

 

SUNSEA - SUNSEA 17ss SNM-G 519 PANTS


フランコサルト レディース シューズ Leslie