文末に使う「である」「のである」「のだ」は、評論や論文などに多用される表現で、通常は強い断定を表します。

「家を建てるときは、基礎工事が重要である」

「わかっていても、つい使ってしまうのである」

「準備を怠ると失敗するものだ」

などがその例です。

ベイリーボックス - 高さ12.25インチ x 幅10.25インチ x 奥行き3.5インチ - 壁掛けロックアーキテクチャールメールボックス - Th

では、どうすればいいのでしょう。

ネスプレッソ カプセル式コーヒーメーカー エッセンサ ミニ ピュアホワイト D 水タンク容量0.6L コンパクト 軽量 (ピュアホワイト 1)

4本 農業用 不織布 パオパオ 90R 小巻 180cm×50m 光線透過率90% 農業用ベタがけ資材 三菱ケミカルアグリドリーム カ施 個人宅配送不可 代引不可
私は突然、思い出すことがあるのである。しかも、細部まで鮮明に蘇るのだ。

〔改善後〕
私は突然、思い出すことがある。しかも、細部まで鮮明に蘇る。

どうですか。すっきりし、さらに文章が強まっているように感じませんか。つい、「である」を多く使ってしまう場合は、単純に取り去ってしまえばいいのです。

 

*当工房で制作した『読まれるための文章読本』から抜粋しています。

本は22Pre-FALL AMIRIアミリ オールオーバーロゴ半袖キャンプシャツ

 

 

DUVETICA - Run♪様専用 デュベティカ ダウンコート リアルファー 美ライン 40


ノートパソコン用メッセンジャーバッグ