文末に使う「である」「のである」「のだ」は、評論や論文などに多用される表現で、通常は強い断定を表します。

「家を建てるときは、基礎工事が重要である」

「わかっていても、つい使ってしまうのである」

「準備を怠ると失敗するものだ」

などがその例です。

岐阜産研工業 キャスター RJM-150 (重荷重用旋回金具 JM Type )

では、どうすればいいのでしょう。

ボールリムーバーBALL[10個セット]《セイワ正規取扱店》※北海道・沖縄離島は送料別途

IWATA 円錐プラグA HBAS47-2-B 1000個入り ▼171-7915 GK0187X0750 1箱
私は突然、思い出すことがあるのである。しかも、細部まで鮮明に蘇るのだ。

〔改善後〕
私は突然、思い出すことがある。しかも、細部まで鮮明に蘇る。

どうですか。すっきりし、さらに文章が強まっているように感じませんか。つい、「である」を多く使ってしまう場合は、単純に取り去ってしまえばいいのです。

 

*当工房で制作した『読まれるための文章読本』から抜粋しています。

本は【Moncler】人気リピートロゴデザイン♪お勧めお洒落パーカー

 

 

防弾少年団(BTS) - Wings外伝: You Never Walk Alone


東日製作所 TP18N TCF用テストピース TP18N