文末に使う「である」「のである」「のだ」は、評論や論文などに多用される表現で、通常は強い断定を表します。

「家を建てるときは、基礎工事が重要である」

「わかっていても、つい使ってしまうのである」

「準備を怠ると失敗するものだ」

などがその例です。

水本 チューブ保護ステンレスチェーン ブラック 1.2HA−BK 29.1〜30m【品番:1.2HA-BK-30C】

では、どうすればいいのでしょう。

4Pcs Headlights+2Pcs Fog Lights Combo Compatible for Chevy 1999-2002 Silver

特別価格Dining Room Chair Covers Set of 8 Independence Day Rustic Sunflower Truck w好評販売中
私は突然、思い出すことがあるのである。しかも、細部まで鮮明に蘇るのだ。

〔改善後〕
私は突然、思い出すことがある。しかも、細部まで鮮明に蘇る。

どうですか。すっきりし、さらに文章が強まっているように感じませんか。つい、「である」を多く使ってしまう場合は、単純に取り去ってしまえばいいのです。

 

*当工房で制作した『読まれるための文章読本』から抜粋しています。

本はお得な3個セット 防犯ミラー 防犯 ミラー 家庭用 室内 防犯対策 45cm 丸型 45 センチ レギュラー グレー 日本製 yh042-3

 

 

ご当地KITTYバラメモ単色51 輪島朝市


パナソニック LGBZ2612 天井直付型 LED(昼光色〜電球色) シーリングライト