文末に使う「である」「のである」「のだ」は、評論や論文などに多用される表現で、通常は強い断定を表します。

「家を建てるときは、基礎工事が重要である」

「わかっていても、つい使ってしまうのである」

「準備を怠ると失敗するものだ」

などがその例です。

アズワン ニューマテリアルワゴン BN型 /3-413-12

では、どうすればいいのでしょう。

パンドウイット 熱転写プリンタ用回転ラベル 白 印字部25.4mmx9.7mm ラベル数2500 R100X125V1T

Wooden Sorting Stacking Toys for Toddlers 1-3 Years Old Shape Sorter Color Recognition Blocks Montessori Geometric Board Matching Stacker Early
私は突然、思い出すことがあるのである。しかも、細部まで鮮明に蘇るのだ。

〔改善後〕
私は突然、思い出すことがある。しかも、細部まで鮮明に蘇る。

どうですか。すっきりし、さらに文章が強まっているように感じませんか。つい、「である」を多く使ってしまう場合は、単純に取り去ってしまえばいいのです。

 

*当工房で制作した『読まれるための文章読本』から抜粋しています。

本はイロ Tシャツ メンズ トップス JORDANO - Print T-shirt - mixed grey

 

 

SONY - SONY Vario-Tessar T* FE 16-35 F4 ZA OSS


Touchpad Protector for Acer Predator Helios 300 (2020) (Touchpad Protector