文末に使う「である」「のである」「のだ」は、評論や論文などに多用される表現で、通常は強い断定を表します。

「家を建てるときは、基礎工事が重要である」

「わかっていても、つい使ってしまうのである」

「準備を怠ると失敗するものだ」

などがその例です。

タブレット 4G デュアルSIM Android 11 8コアCPU 2.0GHz タブレット PC 10.1インチ 6GB RAM 64G

では、どうすればいいのでしょう。

〈東京ラタン〉天然籐肘付き回転チェアロータイプ 肘付き座椅子 肘付き回転椅子 肘付き回転座椅子 肘付き椅子 回転座椅子 高齢者 籐 肘付き

Lucky Brand メンズ 223 ストレートジーンズ US サイズ: 42W x 30L カラー: ブルー
私は突然、思い出すことがあるのである。しかも、細部まで鮮明に蘇るのだ。

〔改善後〕
私は突然、思い出すことがある。しかも、細部まで鮮明に蘇る。

どうですか。すっきりし、さらに文章が強まっているように感じませんか。つい、「である」を多く使ってしまう場合は、単純に取り去ってしまえばいいのです。

 

*当工房で制作した『読まれるための文章読本』から抜粋しています。

本はバルーンバッグ ミニ (ナパカーフ)

 

 

Barebones living レイルロードランタン ベアボーンズ


タカショー Sポーチ 壁付 熱線カット 1間9尺 ナチュラルパイン