文末に使う「である」「のである」「のだ」は、評論や論文などに多用される表現で、通常は強い断定を表します。

「家を建てるときは、基礎工事が重要である」

「わかっていても、つい使ってしまうのである」

「準備を怠ると失敗するものだ」

などがその例です。

特別価格Fire Magic Vinyl Grill Cover for Built-in Single Side Burner (3274-5F)好評販売中

では、どうすればいいのでしょう。

[オーダーロールカーテン] 洗える ローマンシェード プレーンシェード ドレープ BrancherII カジュアル LXL222/223 腰高窓/掃き出し窓用 [W181-230×H141-200cm]

アルミ板:10x300x1350 (厚x幅x長さmm) 両面保護シート付
私は突然、思い出すことがあるのである。しかも、細部まで鮮明に蘇るのだ。

〔改善後〕
私は突然、思い出すことがある。しかも、細部まで鮮明に蘇る。

どうですか。すっきりし、さらに文章が強まっているように感じませんか。つい、「である」を多く使ってしまう場合は、単純に取り去ってしまえばいいのです。

 

*当工房で制作した『読まれるための文章読本』から抜粋しています。

本はルイ ヴィトン LOUIS VUITTON リポーターPM モノグラム ショルダーバッグ PVC レザー ブラウン M45254 レディース 中古

 

 

Cartier - カルティエ☆ハッピーバースデー バッグ


ビシャモン カンガルリフター 均等荷重450kg ■▼460-5012 KGL45H 1台