文末に使う「である」「のである」「のだ」は、評論や論文などに多用される表現で、通常は強い断定を表します。

「家を建てるときは、基礎工事が重要である」

「わかっていても、つい使ってしまうのである」

「準備を怠ると失敗するものだ」

などがその例です。

(まとめ) プラス ノートブック セミB5A罫7mm30枚 イエロー・オレンジ・パープル・ブルー・グリーン NO-003AS-10CP1パック(10冊:各色2冊) 〔×10...[直送品]

では、どうすればいいのでしょう。

原神 GENSHIN 瑶瑶-ヨォーヨ コスプレ衣装 コスチューム 文化祭 キャラクタ衣装 ウィッグ 7月上旬発送 変装 仮装 追加可

【送料無料】イスカルジャパン(株) イスカル ペンタカット IC908 PENTA 5個【625-3857】【北海道・沖縄送料別途】
私は突然、思い出すことがあるのである。しかも、細部まで鮮明に蘇るのだ。

〔改善後〕
私は突然、思い出すことがある。しかも、細部まで鮮明に蘇る。

どうですか。すっきりし、さらに文章が強まっているように感じませんか。つい、「である」を多く使ってしまう場合は、単純に取り去ってしまえばいいのです。

 

*当工房で制作した『読まれるための文章読本』から抜粋しています。

本はLOUNGE FLY ディズニー ドナルドダック ウォレット 送料/関税込

 

 

PlayStation4 - PlayStation4


SALE◆santa monica◆ランダブルー♪ボルボレッタボトム