文末に使う「である」「のである」「のだ」は、評論や論文などに多用される表現で、通常は強い断定を表します。

「家を建てるときは、基礎工事が重要である」

「わかっていても、つい使ってしまうのである」

「準備を怠ると失敗するものだ」

などがその例です。

Panasonic 充電真空ポンプ 本体ノミ、アルミケース付 EZ46A3K-B

では、どうすればいいのでしょう。

PLZX-ZRMP80SEFZ 業務用エアコン 三菱電機 3馬力 単相200V ワイヤード 天井カセット4方向 冷媒R32 同時ツイン スリムZR 超省エネ

Invicta Men's 28890 Specialty Quartz Chronograph Black Dial Watch(並行輸入品)
私は突然、思い出すことがあるのである。しかも、細部まで鮮明に蘇るのだ。

〔改善後〕
私は突然、思い出すことがある。しかも、細部まで鮮明に蘇る。

どうですか。すっきりし、さらに文章が強まっているように感じませんか。つい、「である」を多く使ってしまう場合は、単純に取り去ってしまえばいいのです。

 

*当工房で制作した『読まれるための文章読本』から抜粋しています。

本は★すぐにお届け★【Paul Smith】ツイストデザイン ネックレス

 

 

防弾少年団(BTS) - Memories テヒョン テテ V BluRay トレカ


ふるさと納税 015-030 ディスプレイ用ライトパネル「パネラクリスタル」 長野県岡谷市