文末に使う「である」「のである」「のだ」は、評論や論文などに多用される表現で、通常は強い断定を表します。

「家を建てるときは、基礎工事が重要である」

「わかっていても、つい使ってしまうのである」

「準備を怠ると失敗するものだ」

などがその例です。

LSIロジック MegaRAID SAS 8708EM2 KITLSI00187 並行輸入

では、どうすればいいのでしょう。

Defiants Operation: Hostile Territory プレイセット with Vehicle ミニカー ミニチュア 模型 プレイセ

ds-2231196 エレコム EU RoHS指令準拠爪折れ防止プロテクト付 カテゴリー6対応 LANケーブル 簡易包装 グリーン 7m LD-GPT/GN7/RS1本 【×10セット】
私は突然、思い出すことがあるのである。しかも、細部まで鮮明に蘇るのだ。

〔改善後〕
私は突然、思い出すことがある。しかも、細部まで鮮明に蘇る。

どうですか。すっきりし、さらに文章が強まっているように感じませんか。つい、「である」を多く使ってしまう場合は、単純に取り去ってしまえばいいのです。

 

*当工房で制作した『読まれるための文章読本』から抜粋しています。

本はデスクトップパソコン 中古 HP Prodesk 800 G2 SFF 第六世代i5 メモリ 4GB 新品SSD128GB+HHD500GB DVD-ROM Windows 11 Microsoft Office 2019搭載

 

 

RGTER


プラチナネックレス トップ メンズ キュービックジルコニア ダンダラ模様 八 pt900 太陽 富士山 8 縁起数 リング ホーニング加工 つや消し 人気 セール sale