文末に使う「である」「のである」「のだ」は、評論や論文などに多用される表現で、通常は強い断定を表します。

「家を建てるときは、基礎工事が重要である」

「わかっていても、つい使ってしまうのである」

「準備を怠ると失敗するものだ」

などがその例です。

Skullis 12.7cm レッド クレイジー レース メノウ クリスタル スカル、 手彫り 宝石 美術彫刻、レイキ ヒーリング ストーン 像.45

では、どうすればいいのでしょう。

即配 Meade (ミード) シリーズ5000 XWA アイピース 20mm アウトレット

ツイッグ ベース 観葉植物 フェイク グリーン 緑 インテリア 室内 おしゃれ アレンジ メント アスカ asca 造花 花材 人工
私は突然、思い出すことがあるのである。しかも、細部まで鮮明に蘇るのだ。

〔改善後〕
私は突然、思い出すことがある。しかも、細部まで鮮明に蘇る。

どうですか。すっきりし、さらに文章が強まっているように感じませんか。つい、「である」を多く使ってしまう場合は、単純に取り去ってしまえばいいのです。

 

*当工房で制作した『読まれるための文章読本』から抜粋しています。

本は★Kenzo★22SS タイガーベビースウェットシャツ

 

 

ピンホールレンズ VP-37WXi


Rawlings 大人用 スポーツ 野球 サングラス 軽量 スタイリッシュ 100% UV ポリレンズ, ホワイト/オレンジ, Adult_並行輸入品