文末に使う「である」「のである」「のだ」は、評論や論文などに多用される表現で、通常は強い断定を表します。

「家を建てるときは、基礎工事が重要である」

「わかっていても、つい使ってしまうのである」

「準備を怠ると失敗するものだ」

などがその例です。

ALLENLIFE ペット車ドアカバー 防水ポリエステルプロテクター 後部座席ドア用 傷防止 洗濯機洗い可 犬に安全 2 Pack 434684778

では、どうすればいいのでしょう。

花粉 タバコの煙対策に USB 携帯用 首掛け式 空気清浄機 イオン発生器 エアー テイマー Z | ATMR-3 | ブラック メ?

タイガー魔法瓶(TIGER) マグボトル クリームホワイト 480ml サハラ MMJ-A481-WM
私は突然、思い出すことがあるのである。しかも、細部まで鮮明に蘇るのだ。

〔改善後〕
私は突然、思い出すことがある。しかも、細部まで鮮明に蘇る。

どうですか。すっきりし、さらに文章が強まっているように感じませんか。つい、「である」を多く使ってしまう場合は、単純に取り去ってしまえばいいのです。

 

*当工房で制作した『読まれるための文章読本』から抜粋しています。

本は【New Balance】327 BL 要在庫確認

 

 

CHROME - CHROME BRAVO 2.0 Backpack


ワードローブ クローゼット ワードロープ 収納ボックス 衣類収納ラック 16個セット 防塵 組立式 取り外し可能 簡単組立 DIY収納 寝室 リ