文末に使う「である」「のである」「のだ」は、評論や論文などに多用される表現で、通常は強い断定を表します。

「家を建てるときは、基礎工事が重要である」

「わかっていても、つい使ってしまうのである」

「準備を怠ると失敗するものだ」

などがその例です。

〔柴田科学〕SPC三口丸底フラスコ 2L 030170-342トップセラー

では、どうすればいいのでしょう。

DYNASTY 【ダイナスティー】 カタナ 極み 黒 笹貫 (KATANA KIWAMI BLACK SASANUKI Tungsten80%) | ダーツ 2BAバレル 19.0g

天然塗り壁材 ひとりで塗れるもん マリアコテス (ゴージャステラコッタ) 11KG 練済み
私は突然、思い出すことがあるのである。しかも、細部まで鮮明に蘇るのだ。

〔改善後〕
私は突然、思い出すことがある。しかも、細部まで鮮明に蘇る。

どうですか。すっきりし、さらに文章が強まっているように感じませんか。つい、「である」を多く使ってしまう場合は、単純に取り去ってしまえばいいのです。

 

*当工房で制作した『読まれるための文章読本』から抜粋しています。

本は【BERLUTI】ベルルッティ バイカー レザー ジャケット カーフ

 

 

NIKE - NIKE DUNK LOW PRO SB HEINEKEN


RHUDE - ツイルカーゴパンツ 関税送料込