文末に使う「である」「のである」「のだ」は、評論や論文などに多用される表現で、通常は強い断定を表します。

「家を建てるときは、基礎工事が重要である」

「わかっていても、つい使ってしまうのである」

「準備を怠ると失敗するものだ」

などがその例です。

ジンク ビジネスシューズ スリッポン 6005 ブラウン 26 cm

では、どうすればいいのでしょう。

Bushnell ニトロ 10×25 BN1025G[直送品]

法人限定 折り畳みチェア パイプイス 5脚セット 会議室 F-900S
私は突然、思い出すことがあるのである。しかも、細部まで鮮明に蘇るのだ。

〔改善後〕
私は突然、思い出すことがある。しかも、細部まで鮮明に蘇る。

どうですか。すっきりし、さらに文章が強まっているように感じませんか。つい、「である」を多く使ってしまう場合は、単純に取り去ってしまえばいいのです。

 

*当工房で制作した『読まれるための文章読本』から抜粋しています。

本は【Diffusione Tessile】Max Mara エレガントドレス SIDRA

 

 

春の白いお花とかすみ草のオーバルリース。ドライフラワーリース。白いリース


ミナ 養生シート(気泡緩衝材3層タイプ) MPY255L/1本【2123673】