文末に使う「である」「のである」「のだ」は、評論や論文などに多用される表現で、通常は強い断定を表します。

「家を建てるときは、基礎工事が重要である」

「わかっていても、つい使ってしまうのである」

「準備を怠ると失敗するものだ」

などがその例です。

ワルター 溝入れモジュール NCAE32-C600L-GX16-2

では、どうすればいいのでしょう。

YAMAHA YSL-640 テナーバストロンボーン 中細管 イエローブラスベル B♭/F トロンボーン 管楽器 Tenor Bass Trombones SB5X セット 北海道 沖縄 離島不可

A-Tech 8GB Memory RAM for HP ProLiant DL380 G8 - DDR3L 1333MHz PC3-10600 EC
私は突然、思い出すことがあるのである。しかも、細部まで鮮明に蘇るのだ。

〔改善後〕
私は突然、思い出すことがある。しかも、細部まで鮮明に蘇る。

どうですか。すっきりし、さらに文章が強まっているように感じませんか。つい、「である」を多く使ってしまう場合は、単純に取り去ってしまえばいいのです。

 

*当工房で制作した『読まれるための文章読本』から抜粋しています。

本はクイジナート フードプロセッサー 14カップ ステンレス Cusinart DFP-14BCNY DFP-14BCWNY 家電

 

 

LOKITHO - lokitho レース カッティング デザイン ブラウス toga sacai


トイレ119 簡易トイレ 非常用トイレ 携帯トイレ 日本製凝固剤15年保存非常用 防災グッズ 防災ガイドブック付き 80回分