文末に使う「である」「のである」「のだ」は、評論や論文などに多用される表現で、通常は強い断定を表します。

「家を建てるときは、基礎工事が重要である」

「わかっていても、つい使ってしまうのである」

「準備を怠ると失敗するものだ」

などがその例です。

パナソニック 炊飯器 5.5合 圧力IH式 おどり炊き ホワイト SR-PB109-W(中古品)

では、どうすればいいのでしょう。

スライドテーブル型収納/キッチン収納 〔幅30cm ブラウン〕 木製 トレー 〔キッチン 台所〕

NSK 日本精工 ベアリング 23218 ローラーベアリング 自動調心ころ軸受 内径90 外径160 幅52.4
私は突然、思い出すことがあるのである。しかも、細部まで鮮明に蘇るのだ。

〔改善後〕
私は突然、思い出すことがある。しかも、細部まで鮮明に蘇る。

どうですか。すっきりし、さらに文章が強まっているように感じませんか。つい、「である」を多く使ってしまう場合は、単純に取り去ってしまえばいいのです。

 

*当工房で制作した『読まれるための文章読本』から抜粋しています。

本はSalvatore Ferragamo●VARAチェーンブーティー

 

 

moussy - なっつ様専用出品です♡


Slot USB 3.0 External 3D Blu-ray DVD CD Players, for Asus TUF Gaming Laptop FX505 FX505dt FX505du FX504 Rog Strix Scar III 3 Zephyrus, Porta