文末に使う「である」「のである」「のだ」は、評論や論文などに多用される表現で、通常は強い断定を表します。

「家を建てるときは、基礎工事が重要である」

「わかっていても、つい使ってしまうのである」

「準備を怠ると失敗するものだ」

などがその例です。

+PLUS HEAT 国産ラグマット ホットカーペットカバー (床暖房対応・ホットカーペット対応)190×240cm(約3畳)

では、どうすればいいのでしょう。

ソキア 電子セオドライト DT510S SOKKIA

静岡 気化式冷風機 RKF405(RKF405)
私は突然、思い出すことがあるのである。しかも、細部まで鮮明に蘇るのだ。

〔改善後〕
私は突然、思い出すことがある。しかも、細部まで鮮明に蘇る。

どうですか。すっきりし、さらに文章が強まっているように感じませんか。つい、「である」を多く使ってしまう場合は、単純に取り去ってしまえばいいのです。

 

*当工房で制作した『読まれるための文章読本』から抜粋しています。

本は【Salvatore Ferragamo】 ダブル ガンチーニ バックル ベルト

 

 

Takara Tomy - ネオブライス ヴェロニカレース


アイドルマスター シンデレラガールズ 鷺沢文香 紺碧の境界Ver. 1/8スケール ABS&PVC製 塗装済み完成品フィギュア