文末に使う「である」「のである」「のだ」は、評論や論文などに多用される表現で、通常は強い断定を表します。

「家を建てるときは、基礎工事が重要である」

「わかっていても、つい使ってしまうのである」

「準備を怠ると失敗するものだ」

などがその例です。

リヤドロ LLADRO Sleepy Scholar #6801 NIB

では、どうすればいいのでしょう。

GIGABYTE NVIDIA GeForce RTX 2060搭載グラフィックボード GDDR6 6GB 国内正規代理店品 GV-N206

ウエスタン ブーツ 象革 ヴィンテージ アメリカ製 DIXSON レザー メンズ 約27.0cm 古着 カウボーイブーツ レア
私は突然、思い出すことがあるのである。しかも、細部まで鮮明に蘇るのだ。

〔改善後〕
私は突然、思い出すことがある。しかも、細部まで鮮明に蘇る。

どうですか。すっきりし、さらに文章が強まっているように感じませんか。つい、「である」を多く使ってしまう場合は、単純に取り去ってしまえばいいのです。

 

*当工房で制作した『読まれるための文章読本』から抜粋しています。

本は樹脂 サッシ LIXIL FIX窓 EW(トリプルガラス)(TG) アングル付 アルゴン 074023 W780×H300mmFIX 窓 リフォーム DIY

 

 

LOUIS VUITTON - ルイ ヴィトン モノグラム ミュゼット サルサ (12190252)


PUMEO カヤック収納ラック 丈夫なスチール製壁掛けホルダースタンド パッド付き アウトドア ガレージ デッキ ピア ドック パドルボード カヌー ボートに最