文末に使う「である」「のである」「のだ」は、評論や論文などに多用される表現で、通常は強い断定を表します。

「家を建てるときは、基礎工事が重要である」

「わかっていても、つい使ってしまうのである」

「準備を怠ると失敗するものだ」

などがその例です。

コイズミ照明 AB52423 LEDブラケットライト 鏡上灯 電球色 FL20W相当 直付・壁付取付 非調光 照明器具 洗面所 化粧台用照明

では、どうすればいいのでしょう。

Daiwa|強化磁器食器|和食器|飲食店|カフェ|施設 10点セット 丸鉢 花しらべ(Φ114×H40mm・210ml) (台和)[HC-441-FS]

(取寄) ナインウエスト レディース 3 Nine West women Yeap 3 Light Tan
私は突然、思い出すことがあるのである。しかも、細部まで鮮明に蘇るのだ。

〔改善後〕
私は突然、思い出すことがある。しかも、細部まで鮮明に蘇る。

どうですか。すっきりし、さらに文章が強まっているように感じませんか。つい、「である」を多く使ってしまう場合は、単純に取り去ってしまえばいいのです。

 

*当工房で制作した『読まれるための文章読本』から抜粋しています。

本はCarvan Creepers (glossy)

 

 

ポリピュアEX☆4本セット


アンティグア ポロシャツ トップス メンズ Florida Panthers Antigua Legacy Pique Polo Red