文末に使う「である」「のである」「のだ」は、評論や論文などに多用される表現で、通常は強い断定を表します。

「家を建てるときは、基礎工事が重要である」

「わかっていても、つい使ってしまうのである」

「準備を怠ると失敗するものだ」

などがその例です。

L'Appartement DEUXIEME CLASSE - アパルトモン LA CA USA C/N LUXE FRANK TEE

では、どうすればいいのでしょう。

Callaway Golf - スピーダー エボ Ⅵ (6)569 キャロウェイ スリーブ付きシャフト

beautiful people - ビューティフルピープル ライダース
私は突然、思い出すことがあるのである。しかも、細部まで鮮明に蘇るのだ。

〔改善後〕
私は突然、思い出すことがある。しかも、細部まで鮮明に蘇る。

どうですか。すっきりし、さらに文章が強まっているように感じませんか。つい、「である」を多く使ってしまう場合は、単純に取り去ってしまえばいいのです。

 

*当工房で制作した『読まれるための文章読本』から抜粋しています。

本は(まとめ) プランター/園芸用品 〔45型 グリーン〕 底面給水タイプ 給水口付き 水ラク 菜園上手 〔×18個セット〕

 

 

NEC 11ax 無線LANルータ PA-WX3600HP


Supreme - SUPREME シュプリーム ×NIKE 17SS AIR MORE UPTEMPO ナイキ エアモアアップテンポ ハイカットスニーカー US9.5 902290-001 ブラック