文末に使う「である」「のである」「のだ」は、評論や論文などに多用される表現で、通常は強い断定を表します。

「家を建てるときは、基礎工事が重要である」

「わかっていても、つい使ってしまうのである」

「準備を怠ると失敗するものだ」

などがその例です。

三菱 多機能用 BRP形ラジアス 正面フライス BRP8P-063A04R

では、どうすればいいのでしょう。

KAWASAKI エアツール 20mm エアベルトサンダー [KPT-7320]

VPX 12ピース 抵抗バンドセット | 4ウェイスタッカブルエクササイズバンドシステム | 野球、ソフトボール、バレーボール、フットボール、強度、フ
私は突然、思い出すことがあるのである。しかも、細部まで鮮明に蘇るのだ。

〔改善後〕
私は突然、思い出すことがある。しかも、細部まで鮮明に蘇る。

どうですか。すっきりし、さらに文章が強まっているように感じませんか。つい、「である」を多く使ってしまう場合は、単純に取り去ってしまえばいいのです。

 

*当工房で制作した『読まれるための文章読本』から抜粋しています。

本は【 Off-White 】ピースワールドワイドスリムフィットTシャツ 2色

 

 

AVALANCHE - Avalanch ネックレス


クリスマス感謝祭ギフト装飾木製ジュエリーTrinketホルダー記念品ストレージボックスオーガナイザーwith複雑に手Elephant真鍮Inlay &ベルベット内部