文末に使う「である」「のである」「のだ」は、評論や論文などに多用される表現で、通常は強い断定を表します。

「家を建てるときは、基礎工事が重要である」

「わかっていても、つい使ってしまうのである」

「準備を怠ると失敗するものだ」

などがその例です。

9518545P06 Drip Bucket, Black

では、どうすればいいのでしょう。

Solid 14k Yellow Gold 8x6mm Oval Pink Tourmaline October Gemstone Pendant Charm

内祝 快気祝 お返し 出産 結婚 トートバッグ 内祝い 快気祝い お返し ON THE BAG 手提げトートバッグ
私は突然、思い出すことがあるのである。しかも、細部まで鮮明に蘇るのだ。

〔改善後〕
私は突然、思い出すことがある。しかも、細部まで鮮明に蘇る。

どうですか。すっきりし、さらに文章が強まっているように感じませんか。つい、「である」を多く使ってしまう場合は、単純に取り去ってしまえばいいのです。

 

*当工房で制作した『読まれるための文章読本』から抜粋しています。

本はパワーヘルスPH-14000A AAランク 10年保証 株式会社ヘルス 電位治療器

 

 

☆期間限定ブレスレット メンズ レディース


■マパール ハイ・トルク・チャックHTC BT30 スリムタイプ HTCBT030088510A(1374439)