文末に使う「である」「のである」「のだ」は、評論や論文などに多用される表現で、通常は強い断定を表します。

「家を建てるときは、基礎工事が重要である」

「わかっていても、つい使ってしまうのである」

「準備を怠ると失敗するものだ」

などがその例です。

ふるさと納税 飛沫防止パーテーションパネル 窓付きタイプ 沖縄県うるま市

では、どうすればいいのでしょう。

フィルタ・レギュレータ(セレックス) CKD W8000-20-W

Bluetoothイヤホン 音量調整可能 瞬時接続 小型/軽量 (AA4-YY1018)
私は突然、思い出すことがあるのである。しかも、細部まで鮮明に蘇るのだ。

〔改善後〕
私は突然、思い出すことがある。しかも、細部まで鮮明に蘇る。

どうですか。すっきりし、さらに文章が強まっているように感じませんか。つい、「である」を多く使ってしまう場合は、単純に取り去ってしまえばいいのです。

 

*当工房で制作した『読まれるための文章読本』から抜粋しています。

本はプル&ベアー Pull&Bear メンズ ショートパンツ デニム スキニー・スリム ボトムス・パンツ Slim Denim Shorts With Rips In Light Blue ライトブルー

 

 

★あさみん様専用出品★大きいサイズ3L4Lトレンドお洋服色々♪


Hot Wheels Tesla Model 3, [Blue] 112/250 Factory Fresh 9/10