文末に使う「である」「のである」「のだ」は、評論や論文などに多用される表現で、通常は強い断定を表します。

「家を建てるときは、基礎工事が重要である」

「わかっていても、つい使ってしまうのである」

「準備を怠ると失敗するものだ」

などがその例です。

即納 STAHLWILLE 735/5 トルクレンチ差替ヘッド(ラチェット) (58250005) スタビレー

では、どうすればいいのでしょう。

WINDFIRE スキューバダイビング 懐中電灯 ダイブトーチライト 充電式 3モード 1200ルーメン 水中 100m 防水 LED懐中電灯 ホワイ 並行輸入品

リリカラ 壁紙41m シンフ?ル 無地 ネイビー MORRIS & Co. -Licensed Collection- LW-2590
私は突然、思い出すことがあるのである。しかも、細部まで鮮明に蘇るのだ。

〔改善後〕
私は突然、思い出すことがある。しかも、細部まで鮮明に蘇る。

どうですか。すっきりし、さらに文章が強まっているように感じませんか。つい、「である」を多く使ってしまう場合は、単純に取り去ってしまえばいいのです。

 

*当工房で制作した『読まれるための文章読本』から抜粋しています。

本はLOUIS VUITTON ポルト クレ・タグ ヴィヴィエンヌ 国内直営店

 

 

多肉植物 アメジスティナムの葉


【在庫目安:僅少】 EPSON ES-60WB A4モバイルスキャナー/ Wi-Fi対応/ USB対応/ 片面読取/ 1枚給紙/ 約300g/ ブラック