文末に使う「である」「のである」「のだ」は、評論や論文などに多用される表現で、通常は強い断定を表します。

「家を建てるときは、基礎工事が重要である」

「わかっていても、つい使ってしまうのである」

「準備を怠ると失敗するものだ」

などがその例です。

三協アルミ クロスゲートM 2クロスタイプ 標準 片開き親子タイプ 38DO(13S+25T)H12(1210mm) キャスタータイプ 『カーゲート 伸縮門扉』

では、どうすればいいのでしょう。

ロールスクリーン ニチベイ オーダー ソフィ ハツホ 標準仕様 N9267〜N9269 幅161〜200cm×丈10〜49cm

L字型デスク 幅135 2in1 新品入荷セール DEWEL パソコンデスク コーナーデスク 左右入替え可 PCホスト機置き台付き
私は突然、思い出すことがあるのである。しかも、細部まで鮮明に蘇るのだ。

〔改善後〕
私は突然、思い出すことがある。しかも、細部まで鮮明に蘇る。

どうですか。すっきりし、さらに文章が強まっているように感じませんか。つい、「である」を多く使ってしまう場合は、単純に取り去ってしまえばいいのです。

 

*当工房で制作した『読まれるための文章読本』から抜粋しています。

本はプラチナ ペンダント アメシスト 馬蹄 一粒 アメジスト ネックレス クリスマス ポイント消化

 

 

日本トリム GRACE 水素水 浄水器


リラインス 洗面用蛇口_ヨタ 33.525.870.00