文末に使う「である」「のである」「のだ」は、評論や論文などに多用される表現で、通常は強い断定を表します。

「家を建てるときは、基礎工事が重要である」

「わかっていても、つい使ってしまうのである」

「準備を怠ると失敗するものだ」

などがその例です。

サイクロン 集塵機 SkyLife 集じん機 DIY 木工作業道具 自作 塵セパレーターコマンダー (ペール缶(20L)穴加工済)

では、どうすればいいのでしょう。

【送料無料】RUD イノックススター InoxSTar M16 INOXSTAR-M16 1個【代引不可商品】【北海道・沖縄送料別途】

ジョン エリオット John Elliott メンズ 長袖Tシャツ トップス Long Sleeve University Tee Sorrel Tie Dye
私は突然、思い出すことがあるのである。しかも、細部まで鮮明に蘇るのだ。

〔改善後〕
私は突然、思い出すことがある。しかも、細部まで鮮明に蘇る。

どうですか。すっきりし、さらに文章が強まっているように感じませんか。つい、「である」を多く使ってしまう場合は、単純に取り去ってしまえばいいのです。

 

*当工房で制作した『読まれるための文章読本』から抜粋しています。

本は【BRUNELLO CUCINELLI】alpaca and wool-blend スカーフ

 

 

新品《最高品質/日本製/K18 》 45センチ喜平ネックレス※造幣局刻印入


店頭受取対応 | CITIZEN L シチズン エル EM0902-53D ダイヤモンドモデル レディース